筋トレしたら”水素水”やろ?活性酸素を除去して老化を防ぐ!

最近、巷では”水素水”が大人気のようです。
スポーツジムでも、水素水サーバーを設置するところが増えているそうですね。
筋トレと水素水にはどんな関係があるんでしょうか?

水素水の効能として一番良く言われることは「活性酸素の除去」です。

人間は絶え間ない呼吸で酸素を身体に取り込んでいますが、
この体内に取り込んだ酸素の一部は、細胞を酸化させる”活性酸素”に変化します。

一口に活性酸素と言っても色々な種類があるのですが、細かくなるのでここでは割愛します。

とにかく、活性酸素は細胞を酸化させるのです。
酸化とはつまり”錆び”です。
細胞が錆びることによって人間は老化していくのです。
最近では、「全ての病気、老化の根本の原因は活性酸素である」とまで言われています。

そして、その活性酸素は激しい運動によって大量発生するのです。
特に筋トレのように、非常に高強度の無酸素運動では、活性酸素の発生量は非常に多くなります。
運動をして心拍するが上がれば、酸素を取り込む量も増えるのですから当然です。
緩やかな有酸素運動よりも、高強度の無酸素運動の方が、直後の酸素取り込み量は圧倒的に多くなります。

また、一時的に筋肉のマックスパワーを発揮するために、体内の一部の筋肉に血流が集中し、
その瞬間だけは必要ない消化器などへの血流が止まります。
そして力を抜いた途端にまた全身への血流が再開されるので、このことを”再還流”と呼びます。
この再還流も、活性酸素を大量発生させる行為のひとつです。

要するに、筋トレは活性酸素を大量に発生させるのです。
スポーツ選手やボディビルダーに早死が多いのもそのためと言われています。

だからといって「活性酸素が怖いから筋トレしない」などと云うのは本末転倒もいいところです。
人間の体には、元々活性酸素に対抗するための機能がある程度備わっています。
活性酸素による弊害よりも、運動不足による弊害のほうが遥かに大きいのです。

しかし、活性酸素の大量発生は「良い事か悪い事か」と言われれば、悪いことに決まっています。
健康のためにトレーニングに励むものとしては、身体への悪影響は少しでも取り除きたいのが本音ですよね。

そこで、活性酸素の除去といえば「水素水」の出番と言うわけです。
水素水とは、単に水素を溶かしこんだ水の事ですが、この水素が体内の活性酸素の除去に強力な効果を発揮してくれるのです。

活性酸素の除去作用は、「抗酸化作用」とも言われます。
抗酸化作用を持つ栄養として有名なのは、ビタミンCとポリフェノールですね。
食材でいえば、りんご、玉ねぎ、ブドウなどが高い抗酸化作用を持つとされています。

しかし、それら食材の抗酸化作用も、水素を直接溶かし込んだ水素水の抗酸化作用とは比べ物になりません。

水素水の抗酸化作用は、ビタミンCの176倍、ポリフェノールの221倍だそうです。

また、活性酸素にも色々種類があると言いましたが、活性酸素にもコレステロールと同じように善玉と悪玉があるのです。
細胞を酸化させて老化させる悪玉活性酸素もあれば、身体の正常な機能に欠かせない善玉活性酸素もあるのです。

このうち、水素水の抗酸化作用は悪玉活性酸素にしか作用しないことが分かっています。

つまり、善玉は守りつつ、悪玉だけを強力に除去してくれるのです。

水素水スゲー!!

ネットで水素水の商品を見る度、「ただの水じゃないの!?なんでこんな高いの!?」と思っていましたが、
世の中のトレーニーや、老化に悩むご年配が、数十万円も出して水素水サーバーを設置する理由がわかりました。

今やコンビニでも水素水は売っている時代ですが、アルミ缶などでは水素が抜けてしまうため、
購入する場合はアルミパウチのものがオススメです。

水素含有量などを調べて、おすすめ水素水も紹介しておきます♪

>>高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」<<公式通販はここ