筋トレしたら”水素水”やろ?活性酸素を除去して老化を防ぐ!

最近、巷では”水素水”が大人気のようです。
スポーツジムでも、水素水サーバーを設置するところが増えているそうですね。
筋トレと水素水にはどんな関係があるんでしょうか?

水素水の効能として一番良く言われることは「活性酸素の除去」です。

人間は絶え間ない呼吸で酸素を身体に取り込んでいますが、
この体内に取り込んだ酸素の一部は、細胞を酸化させる”活性酸素”に変化します。

一口に活性酸素と言っても色々な種類があるのですが、細かくなるのでここでは割愛します。

とにかく、活性酸素は細胞を酸化させるのです。
酸化とはつまり”錆び”です。
細胞が錆びることによって人間は老化していくのです。
最近では、「全ての病気、老化の根本の原因は活性酸素である」とまで言われています。

そして、その活性酸素は激しい運動によって大量発生するのです。
特に筋トレのように、非常に高強度の無酸素運動では、活性酸素の発生量は非常に多くなります。
運動をして心拍するが上がれば、酸素を取り込む量も増えるのですから当然です。
緩やかな有酸素運動よりも、高強度の無酸素運動の方が、直後の酸素取り込み量は圧倒的に多くなります。

また、一時的に筋肉のマックスパワーを発揮するために、体内の一部の筋肉に血流が集中し、
その瞬間だけは必要ない消化器などへの血流が止まります。
そして力を抜いた途端にまた全身への血流が再開されるので、このことを”再還流”と呼びます。
この再還流も、活性酸素を大量発生させる行為のひとつです。

要するに、筋トレは活性酸素を大量に発生させるのです。
スポーツ選手やボディビルダーに早死が多いのもそのためと言われています。

だからといって「活性酸素が怖いから筋トレしない」などと云うのは本末転倒もいいところです。
人間の体には、元々活性酸素に対抗するための機能がある程度備わっています。
活性酸素による弊害よりも、運動不足による弊害のほうが遥かに大きいのです。

しかし、活性酸素の大量発生は「良い事か悪い事か」と言われれば、悪いことに決まっています。
健康のためにトレーニングに励むものとしては、身体への悪影響は少しでも取り除きたいのが本音ですよね。

そこで、活性酸素の除去といえば「水素水」の出番と言うわけです。
水素水とは、単に水素を溶かしこんだ水の事ですが、この水素が体内の活性酸素の除去に強力な効果を発揮してくれるのです。

活性酸素の除去作用は、「抗酸化作用」とも言われます。
抗酸化作用を持つ栄養として有名なのは、ビタミンCとポリフェノールですね。
食材でいえば、りんご、玉ねぎ、ブドウなどが高い抗酸化作用を持つとされています。

しかし、それら食材の抗酸化作用も、水素を直接溶かし込んだ水素水の抗酸化作用とは比べ物になりません。

水素水の抗酸化作用は、ビタミンCの176倍、ポリフェノールの221倍だそうです。

また、活性酸素にも色々種類があると言いましたが、活性酸素にもコレステロールと同じように善玉と悪玉があるのです。
細胞を酸化させて老化させる悪玉活性酸素もあれば、身体の正常な機能に欠かせない善玉活性酸素もあるのです。

このうち、水素水の抗酸化作用は悪玉活性酸素にしか作用しないことが分かっています。

つまり、善玉は守りつつ、悪玉だけを強力に除去してくれるのです。

水素水スゲー!!

ネットで水素水の商品を見る度、「ただの水じゃないの!?なんでこんな高いの!?」と思っていましたが、
世の中のトレーニーや、老化に悩むご年配が、数十万円も出して水素水サーバーを設置する理由がわかりました。

今やコンビニでも水素水は売っている時代ですが、アルミ缶などでは水素が抜けてしまうため、
購入する場合はアルミパウチのものがオススメです。

水素含有量などを調べて、おすすめ水素水も紹介しておきます♪

>>高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」<<公式通販はここ

赤ちゃんの乾燥肌・アトピーはいつから?予防と対策

赤ちゃんのアトピーはいつから症状が出る?
子どものアトピーの中でも、赤ちゃんのアトピーは、母親の免疫力が消える、生後4カ月から症状が出始め、小児科、皮膚科の医者の診断も4カ月を過ぎてから出されます。
赤ちゃんのアトピーの症状は、皮膚がジュクジュクの赤い発疹が2カ月以上続きます。しかも再発を繰り返します。
そして、強いかゆみを伴います。

大人でもそのかゆみは我慢できないくらいなので、、しかも赤ちゃんの肌は薄くて、デリケートなので、我慢が出来なくて、皮膚をかきむしってしまいます。
掻き傷が出来てしまい、そこから化膿してさらに、治りにくくなることもあります。

アトピーはアレルギー反応の一つの表れであるとも言われています。まず、何がアレルギーなのか検査する必要があります。
そのためには小児科にかかった方がいいでしょう。
小児科の看護師は皮膚科の看護師より普段から、血管の細い赤ちゃんの採血に慣れているからです。

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいのでかゆみのでるアトピーの原因にもなります。
皮膚科では保湿用の非ステロイド薬の油薬を処方されることが多いです。

あかちゃんは汗っかきですから、汗が乾燥肌誘発の原因にもなりますので気をつけましょう。
又、その原因の一つに水道水に含まれる塩素にもアレルゲンがありますので気をつけてみましょう。

赤ちゃんのアトピーとアレルギーの関係
赤ちゃんのアトピーとアレルビーの関係にはどのようなものがあるのでしょうか?

赤ちゃんは消化器官がまだ未熟のために、アレルギー反応が出やすくなっています。
赤ちゃんというと、つるつるの肌というイメージがありますが、実際は顔や体に湿疹ができたりするのはよくあることです。
また離乳食をあまりに早く初めてしまうことで、食物の過剰反応が出やすくなってしまったりそこからアトピーを発症してしまうということもあります。

ですからある離乳食を始めるのでしたら半年ではなく1年くらいして始めるのもアレルギー反応を予防するためにも必要なことです。

ただどんなに気を付けていたとしても体質的にアトピーになる子もいます。体質的に卵や大豆とか小麦に反応がでてしまうという赤ちゃんもいます。
その子の場合はどのようにしていけばいいのでしょうか?

あきらかにアトピーであるというときにはある程度、免疫機能ができるまで反応がでてしまう食材を除去していくことが必要です。
そしてその場合は自己判断で除去するのではなくて、アレルギー専門の医師の診察のもとに、進めていくことが必要です。

赤ちゃんのときにアトピーであっても免疫機能ができてくると、アトピーが改善してくるケースもあります。

アトピーと乳児湿疹と”あせも”の違い
赤ちゃんの肌はとても繊細で、新陳代謝が良いために汗をかくことで肌トラブルを起こしやすいものです。
あせもや乳児湿疹、アトピーなどの湿疹の見分けがつきにくいことが多いです。

あせもは汗の出る毛穴が汗で詰まってしまい、汗が皮膚の中に溜まって炎症を起こした状態です。
毛穴の部分だけに炎症を起こしている状態になります。毛穴にプツプツと赤いできものができます。

これに対して乳児湿疹は過剰な皮脂分泌や急激な乾燥によって、炎症を起こし、肌全体に湿疹が起こります。
皮膚が盛り上がってジクジクしたり、カサカサになるなどの症状が起きている状態です。

見分けが難しいものではありますが、あせもの場合には過剰な汗をかかさないようにしたり、汗をかいたらすぐにふき取るなどをすれば改善します。
乳児湿疹は病院で塗り薬を処方してもらい塗ることで少しずつ改善していきます。

また、乳児湿疹と見分けがつきにくいものとしてアトピーもあげられます。
これはほこりやダニ、化学物質などの刺激にアレルギー反応を起こし、肌トラブルを引き起こすものです。
アトピーは症状が悪化したり良くなったりを繰り返す特徴があるものです。
原因を突き止めてそれを排除することが必要になります。

赤ちゃんの肌は弱いので、肌トラブルを回避するには環境を整えて清潔にしてあげることが基本的な方法になります。

赤ちゃんのアトピーの症状
アトピーの症状は様々ですが、共通している特徴としてバリア機能の低さがあります。
特に赤ちゃんは肌質にかかわらず、大人と比べて皮膚が薄く、バリア機能も発達していません。

一見するとみずみずしい肌に見えますが、水分と油分は少なく、保湿力が不十分です。
そのため、アトピー肌の赤ちゃんは、特に保湿を重視したスキンケアが必要です。

また、最近の研究では、新生児期に毎日保湿剤を使用することでアトピーの発症を防ぐことができるという報告がされていることからも、赤ちゃんには保湿が必要であることが分かります。

アトピー肌の赤ちゃんに使用するスキンケア商品を選ぶ際、気を付けたいのが安全性です。
香料や着色料など、肌に刺激となる成分を含んでいないベビー用の商品を選ぶと安心です。

また、肌の保水力を高めると同時にバリア機能を高めるような製品を選ぶことも大切です。
ファムズベビーは、これらの条件を満たしたスキンケア商品として多くのママに支持されています。
ファムズベビーは、早い段階で使用することで皮膚を強くし、肌トラブルを防ぐことができますが、肌荒れを起こしている赤ちゃんにも使用できます。

容器は酸化を防ぐ缶タイプで、衛生面でも安心で、手軽に使うことができます。
ファムズベビーの公式サイトでは28日間の返金保証がついているので、まずは試してみると良いでしょう。詳細はこちらのページ

シアバターの人気ナンバー1!ママバターは保湿に超おすすめ!

近年、保湿効果抜群の成分として注目を集めているシアバター!
ロクシタンのクリームも有名ですが、実は密かな人気ナンバー1である「ママバター」ってご存知ですか?
8年以上のロングセラーで、保湿や紫外線対策などの効能が優れていて、しかも安いんですよ♪
すでに3年以上愛用中の私が、効果・効能をレビューいたします♪

シアバターの効果・効能
シアバターはシアーバターノキの種子から作られ、主にナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナで生産されている。食用や薬として用いられるほか石鹸やクリームなどにも配合される。ロレアル、ザ・ボディショップ、ロクシタン、ビーバイイーがシアバターの効能に着目し、製品化したことで広く知られるようになった。
(Wikipediaより)

基本的には植物性油脂なんですが、とても粘性が高く常温では個体のため、「オイル」とは呼ばれず「バター」と呼ばれるんですね。

体に塗ると、体温で溶けて液体になって肌に馴染んでいくため、古くから美容のだけでなく、傷や火傷の治療目的や筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防など万能薬として用いられてきました。
また、ガーナでは新生児を紫外線や乾燥から守るために、生まれてすぐ全身に塗布するそうです。

シアの実からとれる植物性の油脂には、乾燥から肌を守る「オレイン酸」、そしてビタミンなどの美肌のもとが豊富に含まれていて、全身の気になる乾燥・かさつきをしっとりと保湿してくれます。
シアの産地である西アフリカの女性たちが、強い紫外線と乾燥した気候の中でも、しっとりみずみずしい肌を保てるのは、シアバターのおかげといわれています。

おすすめは”ママバター”
シアバター製品といえば、ロクシタンやボディショップが有名ですが、実は知る人ぞ知る人気ナンバー1は”ママバター”というシリーズなんです。
ノンシリコンシャンプーの「リンレン」や、オーガニックコスメなどでも有名な”シンシアガーデン”が展開しているシアバター製品シリーズで、発売以来8年以上のロングセラーなんですよ。

かくいう私も3年以上愛用していて、特に秋冬の乾燥、家事による手荒れ、子供のアトピー予防のために全身にも使えるので、非常に重宝しているんです。
また、パッケージも可愛くておしゃれだし、ギフトラッピングもしてくれるので、ちょっとしたプレゼントにも多用しています。
あげた友達は、いまのところほぼ全員よろこんでくれています。ハマって自分で購入している人もチラホラ(^_^;)

ママバターのおすすめポイント♪
成分が安全で安心
ママバターでは余分なものは配合せず、シンプルな処方で安全にこだわっています。

シリーズ全ての商品が、シリコン、パラベン、合成香料・着色料フリーの無添加処方なので、赤ちゃんにも安心して使えるんです。
近年、化粧品でのトラブルなどはよく聞くので、ここは一番重要ですよね。

やっぱり効果が高い
なんだかんだいって、一番重要なのはやっぱり効果があるかどうか。
シアバターは人の肌にも含まれる「ステアリン酸」が豊富で、肌なじみがよいです。
オレイン酸、ステアリン酸などの保湿・美容成分が多く含まれているため、乾燥から肌を守りなめらかに保ってくれるんですね。
そして、ママバターは他の製品に比べて匂い少ないので、どこでも気にせず使えるのが嬉しいところです♪

安くてコストパフォーマンスが良い
生活にとけこむナチュラルコスメだじから、機能性や安心な成分はもちろん、使い続けられるリーズナブルな価格も重要!
ロクシタンやコディナなどの有名ブランドに比べて、シアバター配合量に対する価格は安いです!
少量でも良く効くので、しっかり伸ばして使うなど慣れてくれば、見た目以上に長持ちしますよ♪

4点セットはかなりお得♪
私がいつも買っているのは、使用頻度の高い4点セットで、まとめて買えるのでお得です♪
楽天などでも単品は買えますが、このセットは公式サイトでしか売ってないんですね。

ベーシック4点セット詳細ページはコチラをクリック♪

ベーシック4点セットの内容

ママバターフェイス&ボディクリーム

シアバターは常温では個体なので、普通のクリームに比べてかなり固いクリームです。
これから寒くなってくる時期には、余計に温めて伸ばす必要があります。
でもそれは、天然成分100%の証。嫌なにおいもなく安心して使えるのが嬉しいです。特に赤ちゃんにも使うので。
乾燥した肌に塗るのは結構大変なので、お風呂上がりの肌が潤って温まっているうちに使うのがおすすめですね。体温で溶けてスーッと伸びていきます。温めて伸ばしながら塗るのがポイントで、かなり伸びばさないと使う量が増えてもったいないです。
3歳の子供の乾燥した顔にぬってあげてます。秋冬はすぐ乾燥でカサカサになるのに、これを使うとカサカサにならないから毎日使ってます。
また、妊娠中の友人は妊娠線予防にも使っていました。純度100%なので安心ですし、専用のクリームでなくても、キレイなお肌を保っていましたよ♪

ママバター ボディローション

ローションと謳っていますが、ほとんど”乳液”ですね。クリームは固くて伸ばすのが大変なので、全身など広い範囲に使いたい場合はコチラのほうがオススメです。下の子が生まれたばかりの時に、保湿剤として全身に塗っていました。
新生児の時から、全身をしっかり保湿しておくと、後々アトピーやアレルギーを予防できるそうですよ。新聞記事に載っていました。
シアバター12%配合ですが、もちろん合成香料や界面活性剤は使用していません。
シアバターのほのかな香りがありますが、すぐに消えます。無香です。匂いが好きな方には向きません。
塗った直後はモッチリなのに、少し経つとべたつきゼロ。なのにきちんと潤っている状態にしてくれるので気に入ってます。お肌に水分がしっかりとキープされた仕上がりで、お値段も単品だとすごく安いのが最高ですね。友人宅はボトルタイプ常備です(^_^;)

ママバターハンドクリーム

基本的にはボディクリームと同じくシアバタークリームですが、ハンドクリームということで、少し伸びやすくなっています。チューブ状で結構小さいので持ち運びに便利なんですね。
家ではボディクリームの方を手にも使っていますが、出先では常にカバンに入れています。
仕事中にも使うので、ベタつかないものが良かったので、ハンドクリーム特有のぬるぬる感がないこれは気に入っています。
普通のハンドクリームに比べれば伸びにくいですが、両手を合わせて体温で温めていけば、しっとり馴染んていきます。伸びないからってたくさん出すのは要注意。少量をゆっくり溶かして伸ばしていくのがオススメです。
ベタつかないし、効果が長持ちするので塗り直しもあまりしなくて良くて、機能は抜群です。匂いもないので場所を選ばず塗れるのも良いですね。
小さいパッケージですが、シアバター配合量を考えると、コスパは一番かな。

ママバターリップトリートメント

もう少し大きさがわかりやすい写真にすればよかったですね(汗
チューブ状ですが、めちゃ小さいチューブです。リップクリームより少し大きいくらい。
単品ではリップクリームタイプも売っていますが、セットのお得感に負けてコチラを選んでいます。
秋冬は唇が乾燥して、割れて酷い時は血も出てしまうのですが、就寝前に塗っておくと朝起きるとしっとりとして良い感じです。
シアバター入りなので多少のUV効果もあるんですね。ツヤ感も多少あって塗りやすいし、意外とたくさん入っています。夏もベトベトにならないのがいいところです。
ママバター製品全般に言えることかも知れませんが、純度が高い分ツブツブのように固まっていることがたまにあります。特に冬場などはしばらくチューブを素手でにぎって温めてから使うのがオススメです♪

ここに商品名を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力)★ –>菊芋サプリの口コミ人気№1!前田の菊芋サプリがおすすめな理由

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !